お通夜というのは、遺族や親類、亡くなられたお客と親しくしていたそばや間近らが、亡くなられたお客と共に暮す最後の真夜中となります。

そもそもお通夜というのは、亡くなられたやつの霊を慰める結果、
また邪霊がいらっしゃるのを防ぐために、
夜通しろうそくの火をともしたり、お香を絶やさないように講じる儀式のことになります。

とは言っても最近では、夜通しお通夜を行うことが少なくなってきました。
1暇から3暇程度のお通夜で、終わらせて仕舞う原野も中にはあります。
これを「半通夜」と呼んでいます。

お通夜に通う時折、それではお悔やみの文句をかけましょう。
一般的には、「こういう都度はご愁傷さんでした。」と言います。
また「とってもお悔やみを申し上げます」などと言うこともあります。

お通夜に御香典を持参する場合には、受付がある場合は受付で渡します。

受付がない場合は、祭壇に供えます。
その場合は、表書きが自分のやつに向くようにして、供えましょう。家族葬の詳しい情報はこちら

お通夜というのは、遺族や親類、亡くなられたお客と親しくしていたそばや間近らが、亡くなられたお客と共に暮す最後の真夜中となります。

香典手提げ袋の中袋にも、とある決まった書き方があります。

不祝儀事柄というのは、色々決まり事が多いです。
ただしそれを続けることが礼典であり、また一般的な定番ともいえます。
わからないことがあれば、周りの人に確認をしたり、
調べたりして、間違えのないように気をつけましょう。

中袋の表には、合計を書きます。
この時、合計は漢枚数だ。

主なものはゼロが壱、三が参、五は伍、十は拾、万は萬、円は圓だ。

中袋の裏には、所は名称を書きます。
この時、郵便ナンバーも書くようにしましょう。
およそ香典袋は、中袋に郵便ナンバー、所、名称が書く欄があります。

香典袋本体に裏に所や呼称を書いてもかまいませんが、
多くの遺族は、中袋で御香典をルール行う。
そのため、中袋にはどうしても所や名称を書きます。

お札を閉じ込める時折、方向に気をつけましょう。
方向にも決まりがあります。

お札の顔付きが中袋の裏側、つまりは下になるように入れます。

因みにブライダルという祝儀事柄には、逆になります。http://www.xn--48jzb370s3rcow8d.com/

香典手提げ袋の中袋にも、とある決まった書き方があります。