お通夜というのは、遺族や親類、亡くなられたお客と親しくしていたそばや間近らが、亡くなられたお客と共に暮す最後の真夜中となります。

そもそもお通夜というのは、亡くなられたやつの霊を慰める結果、
また邪霊がいらっしゃるのを防ぐために、
夜通しろうそくの火をともしたり、お香を絶やさないように講じる儀式のことになります。

とは言っても最近では、夜通しお通夜を行うことが少なくなってきました。
1暇から3暇程度のお通夜で、終わらせて仕舞う原野も中にはあります。
これを「半通夜」と呼んでいます。

お通夜に通う時折、それではお悔やみの文句をかけましょう。
一般的には、「こういう都度はご愁傷さんでした。」と言います。
また「とってもお悔やみを申し上げます」などと言うこともあります。

お通夜に御香典を持参する場合には、受付がある場合は受付で渡します。

受付がない場合は、祭壇に供えます。
その場合は、表書きが自分のやつに向くようにして、供えましょう。家族葬の詳しい情報はこちら

お通夜というのは、遺族や親類、亡くなられたお客と親しくしていたそばや間近らが、亡くなられたお客と共に暮す最後の真夜中となります。